ものづくり補助金

ものづくり補助金

「ものづくり補助金」は、何らかの新しい「もの」「サービス」を作ることで経営を革新・強化させようという取り組みを支援する補助金です。
最大補助率2/3、最大1000万円補助されます。

 

平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の二次公募が始まりました

詳細は、以下の公募案内ページをご覧ください。     http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29mh_koubo_201802.html

・公募開始:平成30年8月 3日(金)

・締  切:平成30年9月10日(月)〔当日消印有効〕

・公募要領:https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29mh_2koubo20180803.html

 

<対象者の詳細>

認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者であり、下記の要件のいずれかに取り組むものであること。

 

①革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。

②革新的な試作品開発・生産プロセスの改善を行い、3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。

 

<支援内容・支援規模>

申請には、「企業間データ活用型」「一般型」「小規模」等の申請の種類により異なりますが、所定の事業計画書等が必要となります。

 

①企業間データ活用型: 補助上限1,000万円(補助率 2/3)
事業者間でデータ・情報を共有し、連携体全体として新たな付加価値の創造や生産性の向上を図るプロジェクトを支援。

②一般型: 補助上限1,000万円(補助率1/2)
革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援。

③小規模型: 補助上限500万円(補助率 小規模事業者2/3、その他1/2)
小規模な額で革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を支援。

 

●専門家を活用する場合 補助上限額30万円アップ(1~3共通)

 

申請をお考えの方は、すぐにご準備されることをお勧めします。

 

申請における事業計画書などの書き方や、事業計画自体をどのように作成すればいいのか?など、お悩みの方は、是非ご相談下さい。

 

初回相談無料
その他、簡易診断/相談メニューもございます。ぜひご利用下さい。

 

 

※下記のように年度ごとに異なる名称で実施されています。
・平成27年度「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」
・平成26年度「ものづくり・商業・サービス革新補助金」
・平成25年度「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業」
・平成24年度「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」

費用の目安

初回相談無料
その他、簡易診断/相談メニューもございます。ぜひご利用下さい。

 

●経営相談/経営支援 初回無料(1時間)《2回目以降 1万円》

●補助金/助成金申請支援 5〜100万円+成功報酬10% (最大設定あり)
採択後の運営支援10万円〜

>>詳しい料金のお問い合わせ

WEB・IT新事業立ち上げ、資金調達、補助金獲得、事業成長など、経営のご相談をご検討の方はまずはお問い合わせ下さい。